環境保全活動

商品開発での取り組み

エコ素材を使った商品開発

素材メーカーの帝人と共同開発したニトリオリジナルランドセルは、生地にペットボトルを原料にしたリサイクル繊維を使用し、環境に配慮した商品です。

このリサイクル繊維は、LCA(ライフサイクルアセスメント=商品の製造から輸送、販売、使用、廃棄、再利用における環境負荷評価の手法)に基づいた調査の結果、石油を原料とする場合に比べてCO2排出量で47%、エネルギー消費量で33%の環境負荷低減効果があります。

注:リサイクルされずに焼却した時に排出されるCO2を加算した場合の数値((株)産業情報研究センター試算結果)

エコ素材を使った商品開発のイメージ

商品パッケージの簡素化

無駄な個別包装をなくす、FRM(フロア・レディ・マーチャンダイズ=個別パッケージを廃し、店への納品時にそのまま陳列できる商品)を推進する等の取り組みを行っています。

廃木材・廃プラスチックを活用した商品開発

ニトリ法人事業部では、法人のお客様に対して、廃木材、廃プラスチックを利用した野外ベンチを提案し、好評をいただいています。

TOPICS

商品の梱包サイズ圧縮による輸送の効率化

商品の梱包サイズを圧縮することで一度に運べる商品の数を増やし、輸送回数を減らす取り組みを行っています。これにより、CO2排出量の大幅な削減に貢献しています。

これまでクッションや布団などの比較的小さな商品を対象に行ってきましたが、現在は、大型家具であるスプリング入りのベッドマットレスでも取り組みを実施しています。このベッドマットレス圧縮により、コンテナ数にして年間約800コンテナ、CO2排出量にして年間約550t-CO2削減できる見込みです。

商品の梱包サイズのイメージ

1コンテナあたりの平均積載CBM
1コンテナあたりの平均積載CBMのグラフ

店舗での取り組み

店舗の省エネ化

2013年度の新規店舗より、天井照明にLEDの導入を開始、既存店舗も順次切り替えを行っています。照明以外にも、ヒートポンプ型空調設備、デマンドコントローラー(電力量を抑制するシステム)、BEMS(電力管理システム=一部店舗のみ)などの設備を導入し、省エネ化を図っています。

エコ梱包資材の活用

拠点間の家具商品輸送には、再利用可能な専用梱包資材を使用し、段ボールやウレタンフォームなどの使用量を削減しています。2014年度は箱物家具(食器棚等)の専用梱包材を全国約200の店舗に導入しました。今後も拡大導入していき、それによって年間10tトラック55台分ほどのゴミの排出を削減できる見込みとなっています。

売上高あたり年間ダンボール排出量
売上高あたり年間ダンボール排出量のグラフ

店頭販促パネル素材の見直し

店舗に設置している販促パネルの素材を変えることで環境負荷の低減を図っています。これまでは、年間約10万枚ものスチレンボード(発泡スチロール板に紙を貼ったもの)を使用しており、使用期間が終われば全て廃棄していました。これをプラスチックのフレームに紙を入れ換えて使用する方式に変更することで、廃棄物量を大幅に削減することができました。また、厚さ約5mmのスチレンボードを紙へ変更することで、海外の製造工場から店舗への輸送効率が大幅にアップし、CO2排出量削減にも効果を発揮しています。

電気自動車充電設備の導入

麻生店、豊中店、宜野湾店に電気自動車充電設備を導入しました。
2015年度には、 将来的な、EV・PHV車の普及を見越した地域・顧客サービスの拡充のため、全国204店舗に554台の普通充電器を導入しました。

エコカーの導入

従業員が業務で使用する車輌を、環境負荷の低いエコカーへ転換を図っています。2015年度には、従業員の店舗間の移動や商品運搬に使用する為、10台の電気自動車をリース導入しました。
災害時の蓄電機能としても活用していきます。

その他の取り組み

ニトリグループでは、各種帳票の電子化(改善前に比べ、店舗での紙の使用を約45万枚削減)や両面印刷奨励等による印刷枚数の削減、会議室へプロジェクターを配備し、紙での会議資料配布の廃止などの取り組みを行っています。

地球温暖化対策条例報告書の公表