Home > カーテンはどのように測ればいいですか?

カーテンはどのように測ればいいですか?

カーテン選びは、サイズを測ってから

サイズ表記表ダウンロード 採寸は簡単です。採寸してから店舗へご来店されると、あとは生地を選ぶだけ。 カーテン選びがよりスムーズに行えます。 ニトリの既製カーテンのサイズ展開は以下の通りとなります。

既製10サイズ

巾100×丈110cm 巾100×丈140cm 巾100×丈178cm 巾100×丈190cm 巾100×丈200cm
巾100×丈210cm 巾100×丈220cm 巾100×丈230cm 巾150×丈178cm 巾150×丈230cm

1枚タイプはお取り寄せとなり、サイズが合わない場合はイージーオーダーという方法も。 (詳しくは、お近くのニトリへ。) リビングなどのちょっとこだわりたいスペースには、生地・スタイルの豊富なオーダーカーテンがおすすめです。

出窓の測り方

●幅 レール(A+B+C)の長さを測ります。
●丈 ランナーの穴から枠上1cmの長さを測ります。

レースカーテンの採寸方法

レースカーテンの丈寸法は、ドレープカーテンと合わせた状態で、下からレースのカーテンが見えてしまわないように、ドレープカーテンの寸法から1~2cm引いた長さを指定してください。幅はドレープカーテンと同様に測って下さい。

ブリーツカーテン(ひだ有りカーテン)の注文サイズの測り方

まずはカーテンレールを取り付けてください。【レールがカーテンサイズ決定の基準】です。レールが付かないとカーテンの寸法は決まりません。

1.巾(はば=横の長さ)を決める

(幅は、プリーツ(カーテンのヒダ分)長めにとります)

●機能(金属)レールの場合 機能(金属)レールの場合
●装飾レール(木や金属製の棒状)の場合 装飾レール(木や金属製の棒状)の場合
●カーブ状のレール(出窓など)の場合 カーブ状のレール(出窓など)の場合
  • カーテンの仕上がり巾は、「閉めたとき(広げたとき)の巾」ですので、ゆとりを持って作らなければなりません。
  • ひだがきれいに出来るように、「レール巾 × 1.05 (5%増し)」をしてあげればピッタリのカーテンが仕上がるわけです。
  • レール巾が200cmであれば、200×1.05=210cm が仕上がり巾となります。
  • その総巾を2枚に分けるか、1枚で作るかは、「3.カーテンの開き方、フックを決める」にて説明します。

2.丈(たけ=縦の長さ)を決める

(ランナーの穴の下から測ります)

●床まで(はき出し窓)の場合 床まで(はき出し窓)の場合 ・床までのサイズを測ります。 ・そのサイズから1~2cm引きます(床に引きずらない為)。床に引きずるとスソに汚れがついてしまいます。
●中間窓(腰高窓)の場合 中間窓(腰高窓)の場合 ・窓枠の下までを測ります。 ・下に何もない場合。 →15~20cm足します(光が漏れないように)。 ・出窓の内側等の場合。 →そこから1~2cm引きます。

3.カーテンの開き方、フックを決める

(2枚ものか1枚ものか。&フックの形を決めます)

●両開き 両開き ・2枚で一組のカーテン ・中央より両側に開きます
●片開き 片開き ・1枚で一組のカーテン ・どちらか片方に開きます
●Aフック Aフック ・レールを隠さない
●Bフック Bフック ・レールを隠す
●機能レール(壁付け 機能レール
●装飾レール 装飾レール
●ボックスレール ボックスレール
●天付レール(出窓など) 天付レール
●段差のある2本レール 段差のある2本レール

・スチールレールが壁から出ている…ドレープ(厚手)はBフックが通常です。 ・レールが天井についている、又は、装飾(木製等)タイプでレールを見せたい場合はAフックの仕様を選んでいただきます。

サイズ表記表ダウンロード ※オーダー・イージーオーダーをご希望の方は、注文サイズを記入してお近くの店舗にお持ち下さい。 ※注文サイズはサイズ記入票をダウンロードしてご記入下さい。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る

この記事を見ている方は下記の記事も閲覧しています。

この記事の関連カテゴリはこちら