ホーム > もっと知りたいニトリのコト:はじめに「数」を知る、インテリアのスタートライン

はじめに「数」を知る、インテリアのスタートライン

買おうとする家具と置き場所の寸法をはかる前に、やるべきこと。すでにある自分の持ち物が、その家具の収納力で“本当に収まるか”をすり合わせる作業が必要です。持ちものの形やサイズ、素材などを知り、何着・何枚・何足・何冊・・と『数』を正確に把握することは、家具の購入を考えるうえで、もっとも基本的な作業。物が多く、収納から溢れていても、入るべきスペースを新たに生み出すことがインテリアコーディネイトの始まりともいえます。持ち物がきちんと収まると見栄えは整い、物が見えているときに感じる無意識のストレスを減らすともいわれています。ニトリのインテリアコーディネイトは「あるべきものが収まるべき所にある」という『収納の基礎』をはじめの一歩ととらえ、既にある家具に加えて、必要なもの過不足なく買い足すことのできる商品展開に力を入れています。

前の記事

次の記事