Home > カーペット・ラグ・マット素材別機能と特徴を教えてください。

カーペット・ラグ・マット素材別機能と特徴を教えてください。

カーペットには、「装飾性」「居住性や歩きやすさの向上」「防音や保温効果」などがあり、 それらに大きく影響するのが素材と毛足の処理方法です。以下、代表的な素材と2つのパイルを紹介します。

カーペットの素材

ウール
天然繊維ならではの冬暖かく夏には涼しい機能に加え、優しい風合いに人気があります。シックハウス症候群の元とも言われるホルムアルデヒドなどの物質を吸着する効果もあるようです。親水性が高いので室内の湿度調整にも役立つ一方で、汚れを吸いやすいため、表面の防汚加工がされたものを選ぶと良いでしょう。
ナイロン
ウールに比べるとよりリーズナブルで、カラフルです。静電気を帯びる量もウールに比べると少なく、ホコリを吸着しにくいので衛生的です。 さらにカビや害虫、油などにも強いのが特長。擦り切れにくいので、廊下敷きなど耐久性を必要とする場所にも重宝されます。
アクリル
                                     ふっくらとして柔らかく弾性や保湿性がよいなどウールに似た風合いを持ちます。また耐薬品性があり、カビや虫害を受けない、色の鮮かさ・堅牢度に優れています。デメリットは火や熱に弱く、毛羽立ちやすいこと。また耐久性は若干劣ります。
ポリエステル
磨耗に強く、しわになりにくいのが特徴です。また合成繊維では一番熱に強く、日光や薬品にも強いため、カビや虫に犯されません。アクリルやナイロンに比べて染色性や吸湿性に劣り、静電気を帯びやすい性質があります。
ポリプロピレン
水に浮くほど軽く、しかも強いのが特徴です。酸やアルカリなどの化学薬品に強く、カビや虫にも犯されませんが、吸湿性・弾力性に乏しく、熱には弱いです。肌触りは硬い感触がします。

毛足(パイル)の処理

カットパイル
毛先をカットして揃えたものでふわっとした、やわらかい肌触りが特長です。 弾力性や耐久性はループパイルに劣るため、歩行量の少ない寝室などのカーペットに適しています。
ループパイル
タオルの表面のように、毛先がループ状になっているものでサラッとした肌触りが特長です。弾力があり、復元性にも優れているので廊下や階段、リビングなどの床にオススメです。

よくあるご質問・お問い合わせ 一覧へ戻る