社員紹介

経営計画推進室

数値分析から描く、ニトリの未来
SCROLL

数値分析から描く、
ニトリの未来
数値分析から描く、ニトリの未来

経営計画推進室
Y.S 2011年入社

経営計画推進室
ロマンとビジョンに基づいた中長期経営課題を取りまとめ、会社の政策・起案を行う。年度経営方針の起案や四半期ごとの計画策定、予算案の編成、経営データの統計的解析、新規事業の計画等といった会社の将来を考える重要案件を担当する。
WHY

ニトリを選んだ理由

ニトリの「働く環境」に惹かれて

大学院では電池素材の研究をしていました。ニトリは大学の専攻とは全く違う業種でしたが、ニトリのロマンに共感したことをきっかけにエントリー。その後、選考中に出会った新卒採用部の方たちの雰囲気や人柄がとても良く、加えて福利厚生や教育体系も整っていることで安心して成長していける環境があることから、入社を決意しました。入社後は店舗勤務を経て、商品部に配属され、商品の発注数をコントロールするための数値分析の業務を担当。現在所属する経営計画推進室とは仕事内容は異なりますが、そこで学んだ数値分析の知識は、今の部署でも非常に役立っています。

CHALLENGE

やりがい・挑戦心

ニトリグループの
未来に繋がる仕事

経営計画推進室は、ニトリグループの年度利益計画案の編成する部署。他に修正予算の編成や進捗把握や予実分析、管理会計制度の構築・管理も行います。そのなかで私は経費予算を担当しており、各部署の年間経費予算案取りまとめや、月度ごとの利益計画の進捗を把握し、差異について原因分析を行っています。この部署に就くまで経費はとにかく「抑える」イメージだったのですが、一方で使うべきところには正しく使うことが重要だと学びました。増収増益を続けるためには、成長に向けての積極的な投資が欠かせません。こうした年度予算の調整がグループ全体における未来投資の決定材料となり、自分の仕事がニトリの未来につながっていく、その重みを肌で感じる日々です。

FUTURE

なりたい自分

想像以上の未来を目指せる

店舗にいた頃は、「ひとつの店舗でどう利益を出すか」という意識しかありませんでした。しかし今は、ニトリが掲げる2032年のビジョンを常に念頭に置き、「店舗利益」から「会社全体の利益」へと視点を広げ、数値を捉えることができています。今後は、会計の知識をさらに深めていくだけでなく、財務経理部の業務も経験したいと考えています。正直、会計業務に自分が携わるとは、入社前は思ってもみませんでした。しかし、配転教育は、会社が私の成長を期待しているというメッセージ。その部署でしか得られないものを、目一杯吸収してきたことで今の自分があります。将来的には、海外でも活躍できる人材になることが目標です。まだまだ未来への道筋を模索している段階ですが、ニトリでなら自分の可能性をグローバルに広げられると信じています。