社員紹介

情報システム改革室

ユーザーの熱を感じるシステム開発
SCROLL

ユーザーの熱を感じる
システム開発
ユーザーの熱を感じるシステム開発

情報システム改革室
S.K 2016年入社(中間採用)

情報システム改革室
商品だけでなく、ほとんどのシステムにおいても自社開発しているニトリ。今やIT戦略は経営の要であり、生産性向上のためには欠かせない存在。中長期的な目標達成に向けて開発・運用・管理を行い、システムの面から会社を支えている。
WHY

ニトリを選んだ理由

IT技術者としての
更なる成長を目指して

「このままでは自分の成長が止まってしまう」そう感じたことが転職のきっかけでした。前職では物流会社のSEとして勤務していましたが、定型業務のなかで新しいことにチャレンジできずに悩んでいました。そんな時、ニトリの情報システム改革室を知り、4C主義のチャレンジングな社風のなかだったら、大いに成長できるのではと考えたのです。システム開発は使用する側にとっていかに使いやすいかが重要です。入社当初の店舗勤務にて、実際に自分がシステム使用者として感じた「気付き」がなければ、その後今の部署にて取り組んだ業務改革は未だ実現していなかったかもしれません。

CHALLENGE

やりがい・挑戦心

自ら得た情報をもとに
改革に取り組む

私が所属する企画チームは、他部署が起案したIT投資の打ち合わせ、システム化の方針を立てるのが主な業務。受けた案件を、開発・技術チームに依頼し進捗管理を行うため、豊富な知識が必要です。情報システム改革室の強みは、エンドユーザーとの距離が近く、仕事にスピード感があること。印象深かったのは、店舗勤務時代に「なぜシステム化しないのだろう」と疑問に感じていた紙媒体業務削減に携わった経験です。店舗で気付いた視点を活かし、現部署に異動後改革に取り組み、システム導入を実現しました。人から聞くだけの情報と、自分が実際に体験して得た情報量には大きな差があるので、今でも現場を実際に「見る」ことを意識しています。これもニトリがすべてを自社で担い、本部と現場との距離が近いからこそできることですね。

FUTURE

なりたい自分

ユーザーの熱量を感じながら、
IT業界で通用する人材に

ニトリの社員はモチベーションが高いので、毎日がとても刺激的です。また、システムがリリースされた後の反応を直接聞くことができるので、自分が携わったシステムによって現場全体のモチベーションが上がっていくのを肌で感じられます。今後の目標はこの部署でさらに経験を積み重ね、社内だけでなくIT業界全体で通用する人材に成長していくこと。様々な勉強会やセミナーに参加できる機会もあるため、成長を後押しされている安心感があります。常にユーザーに近い立場に身を置き、その熱量を感じながら良いシステムを提供し続けたいと思います。