社員紹介

商品部(バイヤー)

世界を変える、ヒット商品を生み出す
SCROLL

世界を変える、
ヒット商品を生み出す
世界を変える、ヒット商品を生み出す

商品部(バイヤー)
T.I 2003年入社

商品部(バイヤー)
カーテンやソファといった担当する品種の商品構成(=価格の種類や幅、機能、デザインなど)のすべてに責任を持つ。市場動向やトレンドを把握し、お客様のニーズとニトリが提案するコーディネートから、商品企画を立案する。
WHY

ニトリを選んだ理由

「飽き性」を逆手に。
湧き続ける好奇心

「飽き性な自分でも、ニトリでなら熱意を持ち続けられるのではないか」そう思ったのが、入社を決めた素直な理由です。大学の専攻はマーケティングでしたが、色彩やデザインが好きになり3年次から専門学校とのダブルスクールをしていました。自分の好きな業界で働きたいと模索するなか、多種多様な仕事を経験できる二トリの配転教育に心を動かされたのです。実際、入社後は店舗や物流(現:株式会社ホームロジスティクス)、商品部など、様々な部署を経験することができました。配転の度に気持ちを新たに好奇心を持って取り組めたので、やはり自分には配転教育がフィットしていたのだと思います。

CHALLENGE

やりがい・挑戦心

最新トレンドを知るため、
国内外を飛び回る日々

私は現在、食器担当のバイヤーとして商品開発を行っています。担当業務は多岐に渡り、商品構成の起案から品ぞろえや在庫の管理、棚割起案、店内POPの作成まで様々。食器はすべてがオリジナル品のため、マーチャンダイザーと連携し一からつくり上げます。産地の窯元を回ったり、海外のトレンドを知るためにドイツやフランス、中国の展示会や工場に行くなど、世界を駆け巡っています。加えて売場のチェックも欠かさず、最低週2回は店舗を訪問しています。私がバイヤーに着任した直後はちょうど売上が厳しかった時期。原因追求やニーズの調査を重ねた結果、新たに開発した商品がヒットし、売上を好転させることに成功しました。子どもにニトリのお店で「これパパがつくったんでしょ」と誇らしげに言われた時は、うれしかったですね。

FUTURE

なりたい自分

チェーンストアの力で、
世界の暮らしを変えたい

商品開発の権限がある程度バイヤーに委ねられているので、責任を感じる反面、商品が売れた時の喜びはひとしおです。当面の目標は、お客様の「不平・不満・不便」を突き詰めて、年間100万個以上売るヒット商品をつくること。キャリアプランとしては、マーチャンダイザーとして原材料からの商品開発を経験し、可能ならばまたバイヤーになってその知識を活かしていきたいです。その後はチェーンストアとしてのコーディネート企画を突き詰め、まだまだ豊かとはいえない日本の暮らしを変革し、それを世界に広めていきたい。一般的なインテリアコーディネーターは1対1での提案しか行えませんが、ニトリならば世界中に呼びかけることができますからね。飽き性だった自分がどんどん夢を追い続けられるのも、ニトリだからこそなんだと思います。