社員紹介

人材教育部(ニトリ大学事務局)

たくさんの“ワクワク”を届けるために
SCROLL

たくさんの“ワクワク”を
届けるために
たくさんの“ワクワク”を届けるために

人材教育部(ニトリ大学事務局)
K.M 2007年入社(中間採用)

人材教育部
従業員の育成サポートのため、若手から経営幹部までの教育体系を構築し、研修の企画・運営をおこなう。個の成長を促し、自律的なキャリア形成を後押しするため、研修のみならず自己育成ツールの導入など、あらゆる角度から教育の機会を提供している。
WHY

ニトリを選んだ理由

ニトリだから、
できることがある

私は元々、ある食器メーカーで商品企画の仕事をしており、中間採用としてニトリに入社しました。最初にメーカーを選んだのは、自分の思いを形にする「ものづくり」に惹かれたから。しかし実際は、どれだけ商品にメッセージを込めても、売場の魅せ方ひとつでそれが違って伝わることも多く、つくり手の想いをお客さまに届けることに限界を感じました。「もっと、お客さまに近い仕事がしたい」。この思いを、ニトリでなら実現できると感じたことが、私がニトリを選んだ理由です。製造から小売まで、すべてを担うニトリであれば、お客さまの声を商品化し、売場の表現まで一貫して行うことができる。全員が同じ方向を向いて仕事に取り組めることが、ニトリの最大の魅力だと感じています。

CHALLENGE

やりがい・挑戦心

研修を、自分の未来に胸躍らせる時間へ

配転教育を通して、新たに気付いたことがあります。それは、手段にこだわらず、私は人に“ワクワク”を届ける仕事が好きなのだということ。現在は新たな研修の企画を担当していますが、参加者が楽しくて前のめりになるものをつくろうと心がけています。例えば、若手社員に将来希望する部署の業務を体験してもらう「ジョブシャドウイング研修」を企画した際は、より具体的にキャリアを描けるようにと、体感型であることにこだわりました。実現までには苦労もありましたが、参加してくれた方々のイキイキとした表情がとてもうれしく、今でも目に焼き付いています。研修を通して、従業員のみなさんが自身の業務やこれからのキャリアに胸を躍らせる姿を見ることが、私の原動力になっています。

FUTURE

なりたい自分

自分がチャレンジを楽しみながら、
たくさんの人に貢献したい

世界中の人を“ワクワク”させたい。それが、私が実現したい夢です。そのための手段は、商品だったり、サービスだったり、教育だったり様々ですが、これまでも、この気持ちを軸に据えて行動し続けてきました。そんな私が今、一番興味があるのが、ニトリの中国事業。まだまだ伸びしろがある地域であり、大学時代バックパッカーで訪れた思い出深い土地でもあるので、恩返しがしたいですね。また、私自身常に変化やチャレンジを続けたいと思っているので、自らの手で新しいものを生み出していけるフィールドに、とても魅力を感じています。自身が学び続け、成長し続けながら、これからも仕事を通してたくさんの人に貢献していきたいです。