ホーム > 第3章 物流改革 ワンストップで店まで商品を「スルー」する

第3章 物流改革 「暮らしの豊かさ」を運ぶ、自社物流という成長動脈

ワンストップで店まで商品を「スルー」する

従来であれば、国内で仕分けされていた商品を、海外であらかじめ店舗ごとにまとめておき、国内へ輸入します。これにより入荷後に保管・仕分けするタイムラグを作らず、輸入された港のコンテナから、すぐにトラックに積み替えられ、そのまま店舗に納入する「通過型」といわれる商品供給が可能になりました。店舗への到着が早まれば迅速に商品の補充ができるうえ、国内での在庫保管量とスペースは少なくて済みます。さらに、適材適所の商品供給ができることで、余剰商品を国内移動させる運搬が減り、物流経費において高コストであるトラック輸送費の削減につながります。不要な在庫をもたず、必要なところに、必要とされるだけの商品を供給する。国内での作業負担をできる限り減らすことで、海外生産工場と店舗を一直線で結ぶ、最適な需給管理を実現しました。ニトリの物流を牽引する、大きな改革のひとつです。

次ページ:海を隔てた距離を縮める自社通関「貿易改革室」

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • NEXT