ホーム > 第4章 店舗運営 計算された空間が、心を捉える

第4章 店舗運営 「ニトリのものづくり」を伝える、店舗に宿る情熱

計算された空間が、心を捉える

出店舗数が多く、売場面積が広大なニトリにおいて、どの店でも「見やすく、買いやすい売場」であることは必須。レイアウトやディスプレイのルールは、ほとんどの店舗で統一されています。
たとえば、入店した際の第一印象となる、“商品群”の大まかな配置。『ゾーニング』と呼ばれ、分類された商品がひと目で認知しやすく、店内を移動しながら関連商品をスムーズに見られるよう、動線を考えて決められています。また、接客が必要な商品を隣接させることでスタッフの配置を減らし、他の作業に当てる人員を増やすなど、中長期的な改善も行われています。
業務のうえで必要な行動をひとつひとつ分析して無駄を削ぎ、本部と連携しながら最適なしくみを作っていくことで、低価格を維持するという結果に繋げています。

次ページ:従業員を“育てる”接客コンテスト

  • BACK
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • NEXT